国立大学法人島根大学

島根大学 男女共同参画推進室

Home > ニュース・お知らせ > しまねガールズ・サイエンスプロジェクト:Report

出雲高校で「マイナー生物研究のススメ」の出前授業を実施しました

2017年12月8日(金)に、しまねガールズ・サイエンスプロジェクトの一環として、島根県立出雲高等学校において、島根大学生物資源科学部 山口陽子特任助教による「マイナー生物研究のススメ」と題した出前授業を実施しました。

この出前授業は、出雲高校の男子生徒5名、女子生徒1名、教員1名が受講し、島根大学女子生徒1名がTAとして参加しました。

初めに、山口先生よりこれまで取り組まれた研究についての紹介がありました。
研究内容の説明時には、生徒から質問が飛び交い、それに先生が答えるといった授業展開となり、生徒の関心の高さが伝わってきました。
また、先生の研究対象である「ヌタウナギ」の歯や卵の殻などを実際に生徒に見せ、手に触れる事で驚きと疑問が生まれ、教員までも巻き込んだ活気ある出前授業となりました。
そして、マイナー生物の研究をしている上での大変な事や現在のどのような研究内容が流行しているのかとの話もありました。

参加した生徒からは、「医師になりたいと思っていたが、マイナー生物の研究もいいなと思った」、「マイナーな生物の研究に興味をもった」との声が聞かれ、研究に関する興味関心が高まったようでした。 

291208-1.jpg

291208-2.jpg

JST女子中高生理系進路選択支援プログラム「しまねガールズ・サイエンスプロジェクト」共催
島根大学は科学技術振興機構(JST)からの受託事業「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」により、女子中高生の科学への興味を促し、自分自身の将来を見据えたキャリアデザインを考える場を提供し、理系のイメージを変え、理系キャリアの意識醸成を図ることを目的に、「地域とともに課題を見つめ、キャリアをデザインする-しまねガールズ・サイエンスプロジェクト」を実施しています。

子育てサポート企業「くるみん」 しまね子育て応援企業「こっころカンパニー」 しまね子育て応援企業「こっころカンパニープレミアム」