国立大学法人島根大学

島根大学 男女共同参画推進室

Home > ニュース・お知らせ > 報告・話題

島根大学JD社中による「第1回食のイベント」が開催されました

 島根大学JD社中の「JD」とは女子学生&男子学生の略で、「ダイバーシティと伝統文化で地域振興への挑戦」をしている、平成28年度島根大学の学生の自主的活動プロジェクト(プロジェクトS)に採択されたグループです。

 2016年8月5日に第1回食のイベントとして、松江の郷土料理であるトビウオを使った料理を作る会を開催しました。女子学生、男子学生、留学生、教員、地域の方など総勢21名が参加し、普段、料理を仕事にされている料理人の方から「トビウオのお刺身、トビウオでんぶの混ぜご飯、トビウオ温ソーメン、トビウオと胡瓜の若布サラダ、筑前煮、だし巻き卵など」を教えていただきました。そして、調理のあとは参加者で交流をしながら美味しく頂きました。学生は女子も男子も一緒に料理を体験でき、また地域のことや伝統文化を知る良い機会となりました。

 参加した地域の方からは、「とても楽しい企画でした。本職の料理人さんに教えていただくことができてハッピーでした」「学生さん、先生方とご一緒できて良かったです。地域と共に歩む島大、いろんなことでつながりを深めていきましょう」、学生からは「初めて自分で三枚おろしをし、いい経験になりました。地域の方とも話ができ、1人暮らしの生活に役立った。」「大人数で料理をしたことがなく分担する難しさがわかりました。楽しかったです」等の感想が寄せられました。

 島根大学JD社中は、今後の食のイベントとして出雲そば打ち体験などを企画し、島根の伝統文化を地域の方と一緒に体験していく予定だそうです。

jd_food_event1-1.jpg

jd_food_event1-2.jpg

jd_food_event1-3.jpg

子育てサポート企業「くるみん」 しまね子育て応援企業「こっころカンパニー」 しまね子育て応援企業「こっころカンパニープレミアム」